OFFICE ZORAの特徴

HHH戦略コンテンツとは
Google社は、獲得したいターゲット層のインサイトや興味関心を正しく捉えた上で、それに応えるコンテンツを提供することが重要だとしています。そのコンテンツを「Hero」「Hub」「Help」という3種類に分類し、各位置付けや使い方を整理したのが「HHH戦略」です。

HERO(ヒーロー)コンテンツ

Heroコンテンツとは人々が持つ普遍的な欲求を刺激し、共感や納得を得ることで、シェアやWEBサイトへの訪問などのアクションを起こさせるコンテンツで、認知拡大が目的です。Heroコンテンツに適した戦略としては、イベントなどのライブ動画配信、YouTuberとのコラボレーション、YouTube限定のオリジナル動画広告などが考えられます。ユーザー投票を促す動画を使った参加型企画もオリジナル性かつ拡散性が高くなる傾向にあります。いずれも、ターゲット層を含む多くの人が関心を持ち、共感を覚える内容にすることが重要です。
しかし、注意点としてHeroコンテンツや一瞬の打ち上げ花火になる場合が多く、WEBサイトでのさらなる情報配信やHubコンテンツやHelpコンテンツへの誘導を通じて実際のアクションへ繋げる包括的なプロモーションプランニングが重要となります。

HUB(ハブ)コンテンツ

ブランドとターゲットをつなぐ”ハブ”として機能するコンテンツ。生活者に具体的な情報ニーズがない時でも、Hubコンテンツを通してファーストコンタクトが持てた潜在顧客を、リピーターへと育てるために定期的に配信し継続的なリレーションを図ることができる状況を作ることが役割です。
内容として有効なのは、商品レビューや学習コンテンツ、最近の流行りですと某通信会社が企画しているような、さりげなく商品が登場するミニドラマなどがあげられます。いずれも継続して視聴したくなるようにシリーズ化するのが重要です。ここでは、動画の説明文や動画ないなどを通して、次の動画の配信タイミングを告知し継続的な視聴を促すことがポイントです。できれば毎週、毎月などの明確な配信スケジュールが理想的でソーシャルメディア、クロスメディア施策、動画シェアに対するインセンティブ企画などを含めた、多角的なプロモーション戦略を立てるべきです。

HELP(ヘルプ)コンテンツ

その名の通り、生活者の”知りたい”という欲求や悩みに対して解決策となる情報を提供するコンテンツです。人々はそれぞれの目的を持って常に情報を集めています。つまりそこには、顕在化したニーズがあると言えます。そしてそれらのニーズに応えるのがHelpコンテンツと言えます。ハウツー動画やQ&A動画がその代表例。
企業は、そのブランドや商品のターゲット層が持っている具体的なニーズに応えるHelp動画を用意しておくことで、彼らを動画やWEBサイトに誘導することができます。
そしてその実現のためには、彼らがYouTubeに来て何を探しているか、何を知りたいのかを正しく理解することが重要となります。そしてそこで明らかとなった、ピンポイントのテーマに対して明確な答えを示すHelp動画を制作し、視聴者との信頼関係を築きましょう。
ポイントとしてはあくまで動画の趣旨は視聴者に役立つ情報を伝えることにあり、製品取り扱いマニュアル、お客様サポート動画、Q&A動画などを、わかりやすくコンパクトまとめられるかどうかが鍵です。必要に応じてブランドメッセージや宣伝要素などを構成に含めてもよいですが、常に役立つ情報であるかという視点を失わないようにすることが大切です。

一口に動画プロモーションといってもその戦略は多岐に渡ります。ですが、全ての動画プロモーションを行う上でもっとも重視すべきは、「動画をどう使うか?」ではなく、「効果的なプロモーションを行うためにどのような動画を作るか?」であり、もっとも大切でありながら多くの制作会社が盲目になりがちなポイントでもあります。

■活用場面1 集客して新規客を開拓したい

新事業の立ち上げ、新サービスや商品のリリース、人材の募集などこれから興味関心を持ってもらい、そこから最初のコンタクトをとる場合は、WEB広告を活用しHEROコンテンツを拡散することで、効率的に見込み客にアプローチをし、継続的なコミュニケーションをとるためのHubコンテンツへと繋げます。

■活用場面2 営業フローの強化

テストマーケティング、顧客単価の向上などすでに関係値のある方へアプローチをかけ、そこからより高いパフォーマンスを出すことを目的としたプロモーションです。例えば商品の購入者リストに対し、ニューモデルのセールスを動画活用により自動化したり、購入した製品の活用動画を送りクロスセルを展開することもできます。またアプリケーションのダウンロードを誘導しクーポンを送ることで購入頻度をあげLTBを向上させることも考えられます。

プロモーションの流れ

まず現状の分析リサーチからスタートします。競合を分析し成功パターンを確立し、そこに自社のユーザーの動きを分析したものを利用したデザインへと落とし込みプランをご提案いたします。そのあと実際の制作に入り約1ヶ月前後で納品をさせていただくことが多いです。そのあとは、クライアント様のご希望により定期分析やリマーケティングのお手伝いもさせていただきます。

①競合、自社の分析レポートを作成

②レポートの数字を元にプランをご提案

③制作を開始

④定期分析を行い精度をあげる

PRに関するトータルプロモーションをご提案!

本来であれば全てのリソースを自社管理し、データ分析と改善プランの洗い出しを行うことが理想的ですが、コストの問題や専門的知識を持った人材の確保に多くの企業様が頭を悩ませています。

また、専門的知識を持った業者へのアウトソースはできても、分野が多様化しているためコストも時間もかかってしまう現状があります。

そこでOFFICE ZORAでは動画の制作運用に重きを置いた静岡本社と、そのほかのWEBリソースによるプロモーションをカバーできる東京オフィスとの連携によって、プロモーション全体を一括で管理しデータ管理を行うことができるため、より効果の高い改善プランや、新商品開発のためのデータ抽出が可能となります。

また費用面でも、弊社社内リソースの活用や提携先へ他の案件と共にまとめて発注することで、価格交渉を行い、クライアント様一人一人が支払う制作費を今までよりも抑えることができるため、その分をより多く広告費に当てることが可能となりその結果売上の増大につながると弊社は考えております。